Google+

化粧品の選び方

化粧品の選び方

 

世の中にはさまざまな化粧品がありどれを選んでよいか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか?

「安全性の高い」天然素材からできた自然派化粧品や、「効果のある」ケミカル(化学合成成分)の化粧品などどの化粧品も魅力的ですね。

 

オーソブルーム(ORTHO BLOOM™)化粧品の開発者は医療人ですので日常臨床でも常にデメリットとメリットを考え、メリットが上回った場合にデメリット(リスク)のある医療行為を行います。このような立場から世の中の化粧品を見てみると非科学的な化粧品やデメリットのほうがメリットを上回る化粧品が数多く存在しています。

 

例えば、一般的なクレンジング剤やクリーム、乳液には合成界面活性剤が入っており、化粧品と皮膚との接触時間が長いほど角質バリアを溶かしながら体内に入っていきますが、このスキンケア習慣を毎日続けると乾燥肌や敏感肌になって皮膚はボロボロになっていきます。

 

また、パラベンやトリクロサンなどの合成防腐剤は毎日使っていると肌を健康に美しく保っている皮膚常在菌叢に耐性菌ができるリスクを上げ皮膚免疫能を低下させます。こういったパラベンなどの防腐剤はアトピーや乾燥した皮膚には刺激を感じるリスクも高い部類の成分ですので敏感肌には特に防腐剤を使用していない基礎化粧品が必要とされています。

オーソブルームでは皮膚常在菌を「第2の皮膚」と位置づけており皮膚だけでなく皮膚常在菌を考慮した科学的なスキンケアを提案して綺麗な肌にうまく応用することを目指しています。

 

基礎化粧品だけでなく私たちの生活は数多くの老化を加速する環境に囲まれています。特に都市部では日光や大気の汚れなどの環境ストレスが活性酸素を発生させてハリの衰えや乾燥、毛穴の目立ちなどの原因となっています。したがって近年は毎日のスキンケアも老化を考慮したスキンケアに見直すことが必要な新しい時代になっています。

 

そこでオーソブルームが考える化粧品選びの基準を示します。

  1. 皮膚、粘膜、老化の科学に基づいていること
  2. 実際に人(特にアレルギー体質の方)に使ってもらい改善を重ねていること
  3. 合成界面活性剤や合成防腐剤など無添加で安全な成分で作られていること

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ